テレワークは、以下のように分類されます。

<<雇用型テレワーク>>
・勤務場所による分類
・自宅を就業場所とする在宅勤務
(育児や介護の両立が考えられます。)
・施設に依存せず、出張先などから行えるモバイルワーク
(時間の有効活用や移動費用の削減が可能になります)
・サテライトオフィスやテレワークセンターのような施設利用型勤務
(オフィスの分散化による災害時のリスク回避、事務所コストの削減が考えられます)
・時間による分類
・常時テレワーク
(物理的に移動が難しい方、妊娠中など通勤時間の電車は避けたい方でも時間通りに働くことが可能になります。)
・随時テレワーク(週1日、月2日、または午前中のみ 等)
(ワークライフバランスを考え、仕事やプライベートの計画が立て易くなります)
<<自営型テレワーク(個人事業主、小規模事業主が行うテレワーク)>>
・SOHO
・主に専業性が高い仕事を行い、独立自営の度合いが高いもの
・内職副業型勤務
・主に他の者が代わって行うことが容易な仕事を行い独立自営の度合いが薄いもの
詳しくは、「テレワーク導入で得られる効果」または、「具体的な事例」をご覧下さい。
・テレワーク導入で得られる効果
・具体的な事例